外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙の始まりを探る次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の計画を推進する日本の研究者らが23日、東京で記者会見し、国内の建設候補地として岩手・宮城両県の北上山地を選んだと発表した。ILCが具体化すれば、北上山地が国際的に有力な候補地となり得る結果だ。ただ文部科学省は、研究者による選定結果を「参考」にとどめる考えで、誘致の是非や候補地はあらためて判断するとしている。

共同通信