外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 大阪地検特捜部の証拠改ざん隠蔽事件など一連の不祥事を受け、引責辞任する大林宏検事総長(63)の後任として有力視されていた笠間治雄東京高検検事長(62)が次期総長に内定、補佐役となる最高検次長検事には笠間氏と同期の小津博司札幌高検検事長(61)が就任することが17日、法務検察関係者への取材で分かった。最高検のトップ2の同期就任は異例。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信