外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】トランプ米政権が、次期駐日大使に起用する親日派の実業家ウィリアム・ハガティ氏(57)について、日本政府から同意(アグレマン)を得たことが13日分かった。近く、トランプ大統領による指名人事を発表する。複数の日米外交筋が明らかにした。ハガティ氏は上院の承認手続きを経て、オバマ前政権2期目で大使を務めたキャロライン・ケネディ氏の後任に就く。

共同通信