外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 自民党は24日、11月1日召集予定の特別国会を控え、大島理森氏(71)の後任衆院議長の人選に向けた動きが本格化した。額賀派会長の額賀福志郎元財務相(73)が浮上しているほか、天皇陛下の退位を実現する特例法の議論取りまとめに尽力した大島氏の続投を求める声もある。一方、野党第1党となった立憲民主党は23日の役員会で、枝野幸男代表に副議長人事を一任。党内には海江田万里元民主党代表(68)を推す意見も出ている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信