ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

欧州中銀が利下げ、0・5%に

 【ブラチスラバ共同】欧州中央銀行(ECB)は2日、ユーロ圏の金融政策を決める理事会をスロバキアの首都ブラチスラバで開き、主要政策金利を0・25%引き下げ、0・5%とすることを決めた。利下げは昨年7月以来10カ月ぶりで、金利は過去最低を更新した。景気の見通しが悪化し、欧州中銀が見込んでいた今年後半の回復が危ぶまれてきたことが理由。ユーロ圏の経済情勢は厳しく、異例の低金利により景気の下支えを図る。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。