外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の欧州委員会は24日、東京電力福島第1原発事故を受けて6月から実施している域内の全原発のストレステスト(耐性評価)の中間報告を発表した。欧州委によると、中間報告は、EUが初めて実施した域内14カ国で稼働中の原子炉計143基を対象としたテストの「進捗状況」の点検が目的で、各原発の安全性の評価には踏み込まない。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信