外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 暴力団関係者と交際があるとする週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして、女性4人組グループ「SPEED」のメンバーで歌手の上原多香子さんが5日までに、発行元の文芸春秋側に計3千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴した。この日、第1回口頭弁論が同地裁(畠山稔裁判長)であり、文春側は請求棄却を求めた。問題となったのは、「暴力団排除条例に狙われる『黒い芸能人』」と題する記事と広告。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信