外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県ひたちなか市教育委員会は8日、国内最大規模とされる横穴墓群「十五郎穴横穴墓群」(ひたちなか市中根)の発掘調査で、奈良市の正倉院に納められた宝物と類似した、帯からひもでぶら下げるための「帯執金具」付き刀子(小刀)が発見されたと発表した。市教委によると、こうした形の刀子が横穴墓で見つかった例は全国で初めての可能性が高い。同墓群は盗掘の被害がなかったため、埋葬時の状況が残っていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信