外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、金正恩第1書記が人工衛星打ち上げと称してミサイルが発射された北西部・東倉里の「西海衛星発射場」を訪問し、発射場の近代化を指示したと報じた。金第1書記は打ち上げ当日の12日、発射を継続する意向を表明しており、現場訪問と施設整備の指示でミサイル開発に向けた強い意志をあらためて印象づけた。訪問日は不明。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信