外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【平壌、北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は24日、北朝鮮の後継指導者、金正恩氏について「最高司令官」と表現した記事を掲載した。北朝鮮メディアが正恩氏にこうした呼称を使ったのは初めて。最高司令官は、北朝鮮の三大権力の一角で、死去した金正日総書記が務めていた朝鮮人民軍トップの職位を指す。記事は正恩氏の同職就任が近いことを示している可能性がある。また、記事は正恩氏を「将軍」とも表現した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信