外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 戦後派文学を代表する作家で、小説「ひかりごけ」で知られる武田泰淳(1912~76年)が、日中戦争末期の中国・上海で執筆した作品があることが23日、分かった。神風特攻隊を題材としており、奈良大の木田隆文准教授が、上海図書館所蔵の書籍「神鷲」に掲載されていたのを確認した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信