外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 日本相撲協会の武蔵川理事長が5日、東京・両国国技館での臨時理事会で辞意を表明する予定だったが、説得されて急きょ態度を変えていたことが明らかになった。一部の理事らには理事会での辞意表明の意向を告げていたという。後任の理事長人事が固まっていない上に、復帰した直後に辞任すると体裁も良くないとして、協会役員が続投するように説得。武蔵川理事長はこれを受け入れた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信