ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

歩道橋事故判決、控訴の方針

 2001年に兵庫県明石市で花火大会の見物客11人が死亡した歩道橋事故で、神戸地裁が明石署の榊和晄元副署長(66)に裁判を打ち切る免訴判決を言い渡したことを受け、検察官役の指定弁護士は20日、神戸市内で記者会見し「客観的証拠を無視している」などとして控訴する方針を明らかにした。遺族らも指定弁護士に控訴を求める考えで、22日の遺族説明会を経て最終決定する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。