外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は20日の閣僚懇と予算編成に関する閣僚委で、11年度予算の概算要求基準の骨子を決めた。国債の利払い費などを除く一般会計歳出を10年度予算の約71兆円以下に抑制する大枠を設定。成長戦略などに充てる「特別枠」を念頭に、菅首相主導により大胆な予算の組み替えで重点化できる仕組みを検討するとした。骨子は歳出膨張に歯止めをかけるため、10年度予算を超えない枠の設定が最大の眼目。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信