外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 尼崎JR脱線事故で、検察審査会の議決に基づき業務上過失致死傷罪で強制起訴されたJR西日本元相談役井手正敬被告(77)ら歴代3社長の論告求刑公判が27日、神戸地裁(宮崎英一裁判長)であり、検察官役の指定弁護士は「利益追求に突き進んだ代償はあまりにも大きく、刑事責任は免れない」として禁錮3年をそれぞれに求刑した。指定弁護士は論告で「経営トップには事故を防ぐ高度な注意義務が求められる」と指摘した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信