外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【天津共同】中国の劉建超外務次官補は15日、天津市で開かれた国際学術会議で講演し、北東アジア各国が抱える歴史や領土問題への対応について「各国とも指導者間の行き来や意思疎通を増やしてお互いの疑心を解き、政治的な信頼関係を固める必要がある」と述べた。日本を名指しした発言ではないものの、中国外務省高官が指導者交流の重要性に言及するのは異例。

共同通信