外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】日本と韓国は11日、ソウルの韓国外務省で、斎木昭隆外務事務次官と金奎顕外務第1次官による協議を行った。韓国側によると、金氏は日韓関係の安定した発展のためには「日本が歴史問題解決に誠意を持って対応し、両国間の信頼を回復させることが何よりも重要だ」と指摘、従軍慰安婦問題などでの対応を求めた。韓国側によると、斎木氏は、安倍内閣は歴代内閣の歴史認識を継承していると表明した。

共同通信