ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

歴史認識で首相けん制

 【ソウル共同】韓国の尹炳世外交通商相は15日夕、ソウル市内の外交通商省で日本メディアの取材に応じた。安倍晋三首相の歴史認識発言を念頭に「日本政府のリーダーは歴史問題を正しく認識し、行動で示してほしい」と述べ、首相をけん制した。旧日本軍の従軍慰安婦問題に関し「(元慰安婦の)彼女たちが生きているうちに結論を出す必要がある」と指摘。1965年の日韓請求権協定に基づき解決済みとする日本側に翻意を求めた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。