大阪府警は30日、捜査書類や証拠品を不適切に管理、放置した事件を調査した結果、1975年から2012年の計2270事件で公訴時効が成立し、うち10件が殺人事件だったと明らかにした。関係する証拠品は8345点。40年近くにわたる府警のずさんな管理の実態が浮かび、改めて証拠の取り扱いの在り方が厳しく問われそうだ。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。