外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 原発事故時の避難基準を議論する原子力規制委員会(田中俊一委員長)の検討チームは13日、事故発生当初に住民が避難するべき原発周辺の放射線量として、毎時500マイクロシーベルトとする基準案で大筋合意した。国際原子力機関(IAEA)は毎時1000マイクロシーベルトの基準を示しており、より厳しくした。新基準は年内に正式にまとめる予定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信