外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピン南部ミンダナオ島のコンポステラバレー州で20日、住友商事(東京)系のスミフル・フィリピン社が経営するバナナ農園が、共産ゲリラ「新人民軍(NPA)」とみられる武装集団に襲われた。国軍が明らかにした。住友商事によると、日本人従業員は当時おらず、けが人もなかった。同島では3日、住友金属鉱山(東京)の子会社が建設中の製錬所が襲撃されたばかりで、住友系の会社が相次いで標的になった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信