【マニラ共同】インターネットに掲載した記事で男性の名誉を毀損したとして、フィリピン国家捜査局(NBI)が13日に逮捕したニュースサイト「ラップラー」の最高経営責任者(CEO)でジャーナリストのマリア・レッサ氏は14日、保釈金10万ペソ(約21万円)を支払い保釈された。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

公式アカウントはじめました

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。