世界の出来事

 【マニラ共同】フィリピンのアベリヤ大統領報道官は30日、戒厳令が出されている南部ミンダナオ島マラウイでの政府側とイスラム過激派との交戦で、死者が104人に上ったと明らかにした。一般市民が19人、軍・警察が20人、過激派が65人としている。

共同通信

 世界の出来事