日本維新の会は30日、石原慎太郎代表や東国原英夫前宮崎県知事、中田宏前横浜市長ら衆院選比例代表の単独候補15人を発表した。擁立先の比例ブロックや名簿順位の公表は先送りした。衆院徳島2区の公認候補者が出馬を辞退したことも明らかにし、小選挙区と比例代表単独を合わせ候補者は計167人となった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。