外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】台風21号が直撃し、多数の死者が出たフィリピン南部ミンダナオ島で被害が拡大したのは、16日深夜~17日未明に土砂崩れや鉄砲水が相次いで発生し、就寝中などで住民の避難が遅れたのが原因の一つとみられることが18日、分かった。災害対策当局者らが共同通信などに語った。フィリピンの赤十字幹部は18日夜、死者は少なくとも652人になったと明らかにした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信