外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は5日、南シナ海での中国による領有権主張を巡り、国連海洋法条約に基づき仲裁裁判所が12日に示す判断について「フィリピンにとって好ましいものになると楽観視している」と述べた上で、判断が出た後の問題解決に向けた協議を中国に呼び掛けた。空軍創設記念日の式典での演説で述べた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信