外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ビエンチャン共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は6日、ラオスの首都ビエンチャンで声明を発表し、自身の下劣な暴言によりオバマ米大統領との初の首脳会談が取りやめになった異例の事態について「懸念や苦痛を生じさせるようなわたしの強い発言が直接の原因」として自らの責任を珍しく認めた。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信