外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【マニラ共同】フィリピンのドゥテルテ大統領は13日の演説で、アキノ前政権が4月に米国と合意した南シナ海での定期的な合同哨戒活動について、参加しない方針を明らかにした。12日には南部ミンダナオ島に駐留する米軍特殊部隊の退去を一方的に要求するなど反米的な言動が強まっており、米国や日本は懸念を強めている。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信