ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

民主党、衆院定数80削減を堅持

 民主党がまとめた夏の参院選マニフェスト(政権公約)原案が7日、判明した。衆院議員定数の80削減や最低保障年金制度の創設など、政権時代に実現できなかった政策を堅持。安倍晋三首相の経済政策「アベノミクス」を批判し、歳入改革と歳出改革、成長戦略の「3本柱」で財政健全化に取り組むと強調した。憲法改正や環太平洋連携協定(TPP)に関しては「議論を継続中」として除外した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。