外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ヤンゴン共同】ミャンマーの最大野党、国民民主連盟(NLD)党首アウン・サン・スー・チー氏は8日、同国最大都市ヤンゴンで記者会見し、米国訪問で受けた反応などを踏まえ、ミャンマーの民主化に対する諸外国の評価について「あまりにも楽観的すぎる」とくぎを刺した。ミャンマーへの投資熱にも警戒感を表明。雇用創出など国民の利益につながる投資の受け入れがより重要だと指摘、大統領らが進める外資誘致に向けた動きをけん制した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信