外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に関する前沖縄防衛局長の不適切発言を受け浮上した一川保夫防衛相の進退論をめぐり、民主党執行部内からも3日、防衛省トップとして責任と資質を問う声が上がり始めた。民主党の前原誠司政調会長は同日午前、一川氏が1995年の米兵による沖縄少女暴行事件を「詳細には知らない」とした国会答弁に関し、「勉強不足が過ぎるのではないか」と批判した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信