外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党は2日、現職2人を公認していた参院選東京選挙区(改選数5)で大河原雅子氏(60)の公認を取り消し、鈴木寛氏(49)に候補を一本化すると決めた。大河原氏は反発し、無所属で立候補する意向を表明した。東京都議選惨敗を踏まえ、両氏の共倒れを警戒した執行部が一本化を強行した。事実上の分裂選挙となる。

共同通信