外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党は26日、参院選惨敗を受けた両院議員総会で、海江田万里代表の続投と、幹事長を辞任した細野豪志氏の後任に大畠章宏代表代行を充てる人事を了承した。海江田―大畠体制で早期の党再建を目指す。総会では一部から「代表選こそ最大の総括だ」などと海江田氏の辞任を求める声も出た。細野氏辞任や菅直人元首相の処分問題で混乱を招いたことと併せ、海江田氏の求心力低下は避けられず「背水の陣」の出直しとなる。

共同通信