外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主党は13日、東日本大震災の被災地と懸け離れた事業に復興予算が使われた問題を踏まえ、事業の適格性を判断する新たな基準を策定。これまで認められていた全国防災対策費を含め、被災地以外の事業は復興特別会計への予算計上を認めないのが特徴。近く野田佳彦首相に提出し、2013年度予算編成への反映を求める。新基準は被災地の復興予算関連のうち、インフラ整備など被災者を直接的に支援する事業を優先すべきだとした。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信