外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宮城県山元町高瀬の民家敷地内で、毎時4~5マイクロシーベルト(地上5センチ)と、周辺より高い放射線量を検出していたことが20日、同町への取材で分かった。雨どいの下で、流された放射性物質が蓄積したとみられる。山元町の担当者は「宮城県とも協力し、早急に対応を検討したい」としている。山元町は福島県との境にあり、同地区は東京電力福島第1原発から北に約60キロ。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信