外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民主、自民両党は15日、衆院の「1票の格差」を是正する選挙制度改革に関し、昨年の参院選マニフェスト(政権公約)などで掲げた比例代表の定数削減を見送る方向で調整に入った。公明党など中小政党が比例定数削減に反対していることに配慮し、格差是正に向けた与野党合意を優先すべきだと判断した。民主党幹部は「比例削減は後回しだ」と明言。自民党幹部も「まずは次期衆院選が違憲状態にならないようにすべき」と指摘した。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信