外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 民進党の岡田克也代表(63)は30日夕、党本部で記者会見し、9月の代表選に立候補せず退任する意向を表明した。参院選を踏まえ「一区切り付けて新しい人に担ってもらった方が党にとっても、政権交代可能な政治をつくるためにも望ましいと判断した」と理由を述べた。代表選を巡っては、知名度の高い蓮舫代表代行(48)と、立候補へ強い意欲を示す前原誠司元外相(54)が軸となる見通し。長妻昭代表代行(56)と細野豪志元環境相(44)も出馬を模索している。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信