ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

民進、さらに2人が離党届提出へ

 民進党の笠浩史衆院議員(神奈川9区)は14日夕、大島敦幹事長に電話し「離党して新たに自民党に対抗できる勢力を結集したい」と伝えた。後藤祐一衆院議員(神奈川16区)と共に離党届を15日昼に提出する。国会内で記者団に明らかにした。13日に離党届を出した鈴木義弘衆院議員(比例北関東)に追随する形だ。前原誠司代表が就任した後も「離党ドミノ」は止まらない。

タグ

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。