外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 叙勲や褒章など栄典制度の見直しに関する有識者懇談会は26日夕、第4回会合を首相官邸で開き、民間の受章者を段階的に増やすよう求める提言を決定した。叙勲を巡り、自治会長や保育士の受章をそれぞれ年間100人、外国人は年間300人と現行からほぼ倍増すべきだと例示。政府は提言を踏まえ、栄典制度に関する「中期重点方針」を策定し、今秋の叙勲、褒章から新制度を順次導入する考えだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信