外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 衆院選に向け11党首による討論会が30日、都内の日本記者クラブで開かれた。東京電力福島第1原発事故を受けた原発の在り方や金融政策、環太平洋連携協定(TPP)交渉参加をめぐり野田佳彦首相(民主党代表)と自民党の安倍晋三総裁の対立が鮮明になった。原発政策をめぐり首相は、2030年代の原発ゼロを目指し「着実に施策を進める」と表明。これに対し安倍氏は「軽々に原発ゼロと言わないのが責任政党」と反論した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信