外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ニューヨーク共同】気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)で、米中など主要国が合意した「コペンハーゲン協定」が採択に至らず、協定に「留意する」との弱い内容の決議しか合意できなかったことについて、米紙ニューヨーク・タイムズは19日、国連主導での地球温暖化対策交渉は限界にきたとの内容の記事を掲載。同紙は、参加者の多くが協定には非常に失望していると指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信