外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプト南部ルクソールで2月に日本人4人を含む観光客ら計19人が死亡した気球墜落事故で、検察当局は6日までに、事故は操縦士らの人為的ミスによって引き起こされたとする報告書をまとめた。内務省が共同通信に明らかにした。報告書によると、墜落した気球は「未熟な労働者」によって燃料ホースが取り付けられ、ガス漏れを起こした。操縦士と整備担当者は、離陸前に必要な技術的な点検を怠ったという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信