ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

気球、燃料ホース老朽化か

 【カイロ共同】エジプト南部ルクソールの気球墜落事故で大やけどを負った操縦士ムウミン・ムラドさん(28)が11日までに、政府の事故調査委員会による初の本格的な事情聴取を受け、燃料ホースが「期限切れだったかもしれない」と述べ、老朽化による破損が原因だった可能性を指摘したことが分かった。聴取に同席したムラドさんの妹が共同通信に明らかにした。ムラドさんは、出火後に「乗客全員に飛び降りろと言った」とも語った。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。