外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ルクソール共同】エジプト南部ルクソールの気球墜落事故を捜査している検察当局者は2日、「地上から5~10メートル地点で出火したことが事故につながった」と述べ、着陸寸前まで事故に直結するトラブルが起きていなかったことを明らかにした。共同通信の取材に答えた。当局者によると、重体となった操縦士ムウミン・ムラドさん(28)の回復を待って事情聴取し、全容解明を進める方針。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









共同通信