外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 厚生労働省は24日、幼児期にほとんどの人がかかる水痘(水ぼうそう)と、高齢者を対象とした成人用肺炎球菌のワクチンを、自治体が行う定期予防接種に加える方針を明らかにした。予防接種法の施行令を改正し、2014年秋から始める。

共同通信