ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

水星に大量の氷存在

 太陽に最も近い惑星の水星で、日の当たらないクレーターの奥に大量の氷が存在していることを突き止めたと、米航空宇宙局(NASA)の研究チームが30日、米科学誌サイエンスに発表した。水星を周回する探査機メッセンジャーの観測データを分析した。水星の氷は、20年近く前から地球上の電波望遠鏡による観測で存在の可能性が指摘されていたが、確証が得られたのは初めてとしている。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。