外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 米国が1954年に実施した太平洋・ビキニ環礁での水爆実験で、被ばくした第五福竜丸の後に現場海域に入り操業した高知県室戸市のマグロ漁船の乗組員が、「体も痛い、頭も痛い」などと記した日記を残していたことが27日、分かった。症状は水爆実験に伴う急性症状の可能性がある。見つかったのはマグロ漁船「第5海福丸」乗組員の日記。実験2日後の3月3日から5日にかけて体調が悪化する症状がつづられていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信