外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 水素を分解し電気エネルギーを生む燃料電池の材料として応用が期待される酵素「ヒドロゲナーゼ」が、水素を分解する様子をドイツ・マックスプランク化学エネルギー変換研究所の日本人研究者らのチームがデータ解析により初めて突き止め、成果を27日付の英科学誌ネイチャー電子版に発表した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信