外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ジュネーブ共同】水銀による環境汚染や健康被害を防ぐため、水銀の輸出入などを規制する条約案の採択を目指す国連の政府間交渉が13日、ジュネーブで始まった。140カ国以上が参加、18日までの予定で条約案の最終合意を目指す。条約案は原則として全会一致での合意が必要。最終合意されれば、今年10月に熊本県で開催予定の国際会議で正式採択される。日本は条約名について「水俣条約」を提案。今回の交渉でもあらためて提案する。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信