外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 茨城県内で強盗や窃盗を繰り返したとして強盗致傷罪などに問われた同県日立市、ペルー国籍のコバシカワ・イレイ・ファン・テツオ被告(22)の裁判員裁判で、水戸地裁は23日、犯行に至る経緯に同情の余地があるとして、検察側の求刑懲役12年を大幅に下回る懲役4年6月の判決を言い渡した。菱田泰信裁判長は、家族の在留期間が予期せず更新されなくなり、被告は帰国費用を工面する必要があったと指摘。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信